【派遣社員の育休復帰】就労証明は出してもらえるの?どんな記載内容になるの?

スポンサーリンク

f:id:miyucho728:20181019155341j:plain

先日、ゆるキャリママの保育園入園についての記事を書きました。

www.yurucareermama.com

 

そこでも記載したように、保育園入園を決めるために最重要なのが持ち点を1点でも多くすること』ということです。 

 

特に、仕事が決まっていない状態の『求職中』とすでに働いている『就労中』では、かなりの点数差があります。

 

うちの自治体でいえば、

求職中 ⇒ 1点

就労 ⇒ 1日の労働時間 (8時間)12点 (4時間)5点

です。

 

月の労働時間が64時間以上(1日4時間・週4日以上)の場合に『就労』を理由に申し込みが出来るのですが、雇用形態は点数への影響はありません。

 

私は、派遣社員で産休育休中ですが、派遣の場合、

  • 就労証明は出してもらえるのか
  • どういった条件のもので出してもらえるのか

が気になるところかと思います。

 

初めて、長男の保育園入園申込みをする時に、

『復帰する派遣先決まってないから、きっと就労証明も出してもらえないよね?』

と思っていて、求職中で提出するものだと思っていました。

 

そして、一応の確認で派遣会社に連絡をしてみたのですが、派遣社員の育休でも就労証明は出してもらえるというではないですか!

 

派遣社員の就労証明はどのようなものがもらえるのかを書きたいと思います。

 

就労証明をもらうにはどうしたらいい?

 

私の場合、現在の派遣元はリクルートスタッフィングなのですが、マイページから各種証明書発行の申請が出来るようになっているので、まずはそちらから申請します。

 

そして、専門部署があるので、そちらに自分の自治体の就労証明の用紙を送ります。

そうすると、1週間ほどで返送してもらえるシステムになっています。

 

リクルートスタッフィングは、システムがしっかりしていて、事務的に・迅速に・スムーズに対応してもらえるので、「さすが、大手は違うな。」というかんじです。

 

各派遣会社、対応が少し違うこともあると思うので、派遣元に確認してみて下さい。

 

どんな就労証明がもらえるの?

 

派遣社員と正社員の就労証明の違いって、あるのか気になりますよね?

 

派遣社員の場合、

  • 雇用主は派遣元の派遣会社
  • 雇用条件は派遣先による

というかたちです。

 

本来であれば、派遣先が決まっていないと、派遣会社と雇用契約を結ぶことはないのですが、産休・育休中は、派遣元である派遣会社と直接雇用契約を結んでいるというかたちで、産休・育休の取得が出来ます。

 

そして、産休育休明けは、1ヶ月以内に派遣先が決まらないと、派遣元との雇用契約が終了となるので、発行された就労証明はこのように、但し書きのあるものになります。 

f:id:miyucho728:20181019113032j:image

 

また、勤務地・労働時間・給与額などの労働条件は、産休へ入る前の直近で働いていた派遣先との契約条件が書かれています。

 

育休復帰後の労働条件が、産前と変わるかもしれないけど・・・どうなの?

 

「産前はフルタイムで働いていたけど、復帰後は条件に合う派遣先があれば、労働時間を短くして働きたい。」

「都内で働いていたけど、自宅近くで探したい。」

「合う案件が見つからなければ、派遣会社を変えたり、正社員・契約社員・パートなども考えている。」

 

など、また一から派遣先を見つけなくてはいけない派遣社員の育休復帰の場合、就労証明と復帰後の労働条件に相違が出てくる可能性も高いですよね?

 

この場合の対応は、自治体によってかなり差があると思います。

 

先日、次年度の保育園申し込み書類一式を役所にもらいに行ったので、一応確認してみたのですが、私の住んでいる自治体の場合は、年度始まりであれば、待機児童ゼロに近い状態でどこかしらに決められるぐらいの状況なので、

『月64時間以上働いているということになれば、多少の条件は変わってしまってもOK』

ということでした。

 

ただ、ここらへんの細かい対応はやはり、待機児童数の多い激戦区になればなるほど、厳しくなってくると思います。

 

例えば、中野区や世田谷区、三鷹市の場合。

よくあるご質問 | 中野区公式ホームページ

育児休業中・育児短時間勤務等取得中(予定)の方へ | 世田谷区

三鷹市 |現在育児休業中で、保育園に申し込みをするかたへ

 

やはり、都内の激戦区は

『派遣元を変えることは出来ません。』

『派遣元変更の場合は転職とみなし、内定取消・退園となります。』

『また、育児休業前の勤務時間・日数と同等以上の派遣先に復帰できない場合は、内定取消・退園となります。』

というような記載があり、かなり厳しいです。

 

特に、フルタイムで働いていて産休育休へ入った場合、なんとか保育園内定もらえたものの、同等以上の労働条件で復帰とか・・・なかなか厳しいですよね。。。

 

ちなみに友人は、千葉県の某市在住で、保育園内定後に正社員⇒正社員の転職をしましたが、役所の方にいろいろと言われはしたものの、転職前と転職後の労働条件が変わらなかったので、なんとかOKをもらえたようでした。

 

労働条件が大きく変わったり(日数や時間の大幅な減少など)、派遣元の変更があった場合の対応は、自治体によるので、復帰後の働き方を変えようと思っている方は、事前に確認しておくといいですね。

 

まとめ

 

以上、派遣社員の場合の就労証明についてでした!

 

派遣で産休育休取得中または、取得を考えている方は、ちゃんと保育園入園申し込みの際に就労証明を出してもらえるので安心して下さいね。

 

しかし、この『1点でも多くの点数を貰うために、あの手この手・・・!!』みたいな保育園入園の状況が変わっていくといいですよね。

 

年度途中での入園や、多少の労働条件の変更・派遣元の変更など関係なく保育園入園出来るような状況にでもならないと、なかなかママの社会での活躍も難しいですよね。。。

 

というか、そもそも会社での勤務時間が長い=社会貢献度が高いみたいなシステム・世の中を終わりにしてほしいものです。

 

派遣社員としていろいろな企業で働いて、いろいろな方を見てきて、もちろん、ほんとに有能で、任される仕事が多くてやむを得ず毎日遅くまで仕事している方もいましたが、なんとなく「定時で帰る=仕事適当にやっている」という上や周りからの評価を気にしてであったり、なんとなく残業せざるを得ない雰囲気、残業代稼ぎのために会社に残っている人も結構いたのは確かです。

 

世の中全体が定時で帰る雰囲気になれば、労働時間内に仕事を終わらせるように生産効率も上がるだろうし、それでも毎日残業になるようであれば、そもそもの人員が足りてないんだろうし、パパでもママでも早く帰れるようになれば、子どもが保育園にいる時間も減るし、保育士さんの労働時間も減るし、みんながみんな負担を減らすことが出来ていいことづくめだと思うのですが。

 

少し脱線しましたが・・・

 

復帰を希望しているママたちが、無事に子どもの保育園内定決められて、仕事復帰出来ますように!

 

私も、とりあえず書類記入早めに頑張ります。

 

 

※リクルートスタッフィングは、都心部の案件取り扱いが多く、若干地方にいくと弱いかんじはありますが、産休育休も当たり前のように取得出来ますし、働くママに理解があり、時短案件も多く、派遣先企業も働きやすいところが多いのでおススメです!